ホーム > 治療例ブログ > 通院治療例

治療例メニュー

全て

10日間の集中治療合宿例

通院治療例

2018年04月13日

 治療例ブログ

社会人 24才 ・ 前田剛さん
首から手先にかけての痺れと痛みのため来院


 2017.10.30(整復前)  ⇒  2018.2.10(整復後)
①前田剛さん・整復前・2017.10.30
②前田剛さん・整復後・2018.2.10

治療後の感想文
「私がこの整骨院にお世話になったのは、ある事故がきっかけでした。事故当初は、手足に力が全く入らず、起き上がることすらできませんでした。数週間の入院とリハビリをくり返し、ようやく仕事に復帰することができました。しかし、首の左側から左手先にかけての痺れと痛みが酷く、病院を探していたところ、私はこの病院の存在を知りました。   
整骨院と聞いて、電気治療とマッサージを組み合わせた治療を想像していたのですが、山内先生の治療方法は全く違いました。首から手先にかけての痺れは、事故の衝撃で股関節にズレが生じていることが原因だと言われました。正直、首や手に症状が現れている状態で、原因が股関節だと言われたときは、本当なのだろうかと半信半疑な部分がありました。しかし実際に先生に撮っていただいた写真を見ると、股関節がズレていることがよく分かり、いい機会だと思い治療をお願いしました。
治療が始まると、股関節や肩周りをほぐすマッサージを受け、股関節を活性化させるためにサンドバッグを蹴り、先生の整復を受けるというものでした。サンドバッグを蹴ることなど今までに経験が無く、蹴り方も下手だったため、サンドバッグに当たる部分の足がとても痛みました。その頃を思い出すと、股関節を意識することもなく、ただただ蹴っていたのだなと今になって思います。治療を繰り返していくのに連れて、股関節の開きも大きくなり、サンドバッグも強く蹴ることができるようになっていきました。治療前は開脚も90度程しか開かず、上体を前に倒すこともできませんでしたが、治療後には180度まで開脚できるようになり、上体をべったりと前に倒せるようになりました。社会人になりまともに運動をしてこなかった自分の体が短期間でここまで変化するものかと驚きました。治療後には、首から手にかけての痺れや痛みも無くなり、事故の前と何も変わらない生活を送れるようになりました。
今回の治療を通して、人間の体にとって股関節はとても重要な部分なのだと身を持って実感しました。前にかかった病院の医師からは、最終的に手足の痺れは後遺症として残るかも知れないと言われていたにも関わらず、治療を通して症状を完治させていただいた山内先生には感謝の気持ちで一杯です。
社会人になると自分の体の状態を見直す機会はほとんどありませんが、今回の治療は自分の体を見つめ直す良い機会になりました。今後は治療が終っても自主的に運動やストレッチを継続し、いつまでも元気な体で居れるよう努力していきます。
通院中は、仕事が終わってからの通院になってしまい、遅い時間に治療をお願いすることが多々ありましたが、嫌な顔一つせず、親切に丁寧な治療を行っていただき本当にありがとうございました。」

2017年08月31日

 治療例ブログ

中学2年 ・ 野原蓮生君
腰椎分離症のため来院


2017.8.7(整復前日)→ 2017.8.26(復整18日後)
③野原蓮生君・投球変化(クイック・モーション)2017.8.7~8.26。
①野原蓮生君・整復前・2017.8.7
②野原蓮生君・整復後・2017.8.25

2017年06月08日

 治療例ブログ

[ 上 体 投 げ の 選 手 必 見 例 ]

小学6年 ・ 山口純輝君
肘の剥離骨折・肩痛のため来院


2017.4.10(整復当日)→ 2017.6.8(復整2か月後)
③山口純輝君・投球変化 2017.4.10~6.8
①山口純輝君・整復前・2017.4.10
②山口純輝君・整復後・2017.6.8

院長のコメント
「 上の山口君、次の木下君の、二人の治療前の投球フォームをご覧頂くとお分かり頂けるように、治療前は下半身が全く使えていません。その結果、上体に頼っての投げ方となっています。彼ら二人に共通する点は、①整復前と②整復後の、姿勢・柔軟性・股関節と肩関節のズレの写真資料から分かる様に、体が病的に硬い事が、全ての原因とも言えるのです。
 この様に、誰が見ても分かる上体投げの選手には、指導者は、近い将来怪我に繋がる事を伝える事も重要です。
 間違っても、練習試合等で、治療を先延ばしする事は、選手寿命を縮める事だと考えます。」

中学1年 ・ 木下悠吾君
肘の剥離骨折・肩痛のため来院


2017.3.25(整復当日)→ 2017.6.6(復整2か月半)
。③木下悠吾君・投球変化(セットポジション)2017.3.25(整復前)~2017.6.6
①木下悠吾君・整復前・2017.3.21
②木下悠吾君・整復後・2017.6.13

2017年03月03日

 治療例ブログ

バレーボール国体福井代表選手・福井工大福井中学校3年 ・ 岩本香織
腰痛・肩の違和感・不眠・偏頭痛で来院

治療後の感想
「私はこの山内整骨院に来る前、たくさんの事に悩んでいました。一つは腰痛です。私はバレーボールをしていますが、少しハードな練習で体に負担をかけると、すぐに腰痛が出て、思ったようなプレーが出来ませんでした。もう一つは、肩がしっかりと上に上がらず、スパイクの時に骨が引っ掛かる感じがして、思いっきりスパイクが打てなかった事です。他にも夜にしっかりと眠る事が出来なかったり、偏頭痛がひどかったりしました。
(中略)治療初日に、股関節と肩関節のズレ・スパイクの時のジャンプを写真や動画で撮影してもらった時に驚きました。足は左右で長さが違い、肩も右がとても硬いというのが分かりました。そして股関節と肩関節のズレを治すために整復してもらいました。それから股関節活性化トレーニングのサンドバック蹴りや、肩甲骨トレーニングをするうちに、股関節と肩関節の可動域が広くなりました。
始めて5回目くらいで、今まで仰向きで寝ることが辛くて横向きで寝ていたのが、仰向きで寝る事が出来ました。そして何回も通うにつれて、腰の痛みや肩の引っ掛かり、偏頭痛もだんだん無くなっていきました。股関節と肩関節のズレを治すだけで、こんなにも変わるんだと驚きました。
そして1ヶ月後に姿勢・柔軟性などの変化の写真を撮ってもらったら、はっきりと変化が出ていたのでうれしかったです。特にスパイクのジャンプでは、頭一つ分高くジャンプで出来て、今まで打つ時に肘から落ちていましたが、しっかりと高い打点で肘を伸ばして打つ事が出来るようになりました。おかげでしっかりと体重の乗った強いスパイクが打てるようになりました。これだけ変化が出てくれて、本当にうれしいです。
私は高校で春高バレーに出場して、エースとして大活躍し全国制覇をすることが目標です。この目標を叶えるためにも、毎日の股関節と肩のストレッチを、忘れずにしていきます。」


2017.2.13(整復当日)→ 2017.3.11(整復1ヶ月後)

③岩本香織さん・フォーム変化 2017.2.13~3.11、
①岩本香織さん・整復前・2017.2.13
②岩本香織さん・整復後・2017.3.7

小学4年 ・ 那須一斗君

パオーマンスの向上のため来院


2017.1.21(整復当日)→ 2017.3.4(整復6週間後)

③那須一斗君・投球変化(セット・ポジション)2017.1.21~3.4.
①那須一斗君・整復前・2017.1.21
②那須一斗君・整復後・2017.3.6

小学6年 ・ 山口陽暉君

肩痛・腰痛で来院


2016.9.22(整復当日)→ 2017.2.18(整復5か月後)

③山口陽暉君・投球変化(セットポジション)2016.9.22~2017.2.18
①山口陽暉君・整復前・2016.9.26
②山口陽暉君・整復後・2016.7.1.23

中学3年 ・ 田中智也君

肩痛・腰痛で来院


2016.11.26(整復当日)→ 2017.2.4(整復2か月後)
③田中智也君・投球変化(ワインドアップ)2016.11.26~2017.2.4
①田中智也君・整復前・2016.11.26
②田中智也君・整復後・2017.2.18

滋賀大学2年 ・ 谷本大輔君

肩痛・腰痛で来院


2016.6.17(整復当日)→ 2016.12.21(整復6ヶ月後)
③谷本大輔君・投球変化(セットポジション)2016.6.17~12.21.
①谷本大輔君・整復前・2016.6.17
②谷本大輔君・整復前・2016.12.21

  • ページ 1 / 4
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • >

ページの先頭へ