ホーム > お知らせ

2011年12月05日


股関節のズレをチェックする院長


講演に聞き入る部員の皆さん


骨盤後傾について解説する院長


当院で股関節治療した山崎君のストレッチを披露


今久留主監督(左より2番目)・コーチの先生方と

2011年11月28日


講演中の院長 


講演に聞き入る部員の皆さん


部員の皆さんのストレッチの様子。硬~い!!


股関節をチェックする院長


講演後、中村監督(後列左)・奥様(監督右)・4人のお子様と

2011年05月19日

元プロ野球・読売ジャイアンツ投手の桑田真澄氏が、山内院長が提唱する「股関節理論」に関心を寄せている。
きっかけとなったのは、山内院長が桑田氏に送った股関節治療や必要性をまとめた資料だ。
かねてより、「投げ込みや打ち込みなどを徹底する指導者に疑問を持っていた」という桑田氏のことを知り、山内院長が前述の資料を送付。資料を読んだ桑田氏は「股関節理論」に共感、会いたい旨を連絡した。その後、福井での講演会で初顔合わせ、挨拶を交わし、今年5月には川崎市内での講演会の講師として招かれた。
講演会の対象者は、桑田氏自身が立ち上げたボーイズチーム「麻生(あさお)ジャイアンツ」の子どもや保護者。
講演では分かりやすい股関節理論の説明をはじめ、子ども達の股関節や肩関節のずれも丁寧に確認した。
すると、驚くべきことに子ども達全員にズレが見られたという。
山内院長の「現代、多くの高校球児たちが、身体に異常がでるまで放置されている。中学生の前半に股関節の治療をしておくことが、潜在能力を100%引き出せる!」との話に共感、納得した人は多かったようだ。

(2011年5月19日 滋賀彦根新聞記事より抜粋)

ページの先頭へ